市長から皆さまへ

ごあいさつGREETING

筑紫野市長 藤田 陽三

筑紫野市長

藤田 陽三

今日をまもり、明日につないで、未来を創る、ひかり輝く筑紫野市

筑紫野市は昭和47(1972)年4月に市制施行を開始し、令和4年4月1日をもって市制施行50周年を迎えます。
市制施行以来、筑紫野市は、緑豊かな自然と交通の利便性、そして万葉の頃から続く歴史や文化といった環境や特性を活かし、自然と街との共生都市として成長を続けてまいりました。

近年では、度重なる豪雨や新型コロナウイルス感染症といった未曽有の災害を経験するなど、市制施行以降の50年の中でも特に多くの困難と直面してまいりましたが、そのたびに、市民の皆様と地域、行政が一体となって、困難に立ち向かっていった経験は、今後の市政運営に大きな財産となるものと確信しているところです。
このような折に、市制施行50周年の大きな節目を迎えるにあたり、これまで先人、先達が築き上げた歴史や文化、まちづくりを振り返り、称え、感謝するとともに、50周年を市民の皆様とともに祝い、次の時代への一歩を踏み出す契機とすることを目指し、「市制施行50周年記念事業」を実施してまいります。
「市制施行50周年記念事業」では、「これまでも、これからも、このまちと。」をキャッチフレーズとして、記念式典をはじめ、地域コミュニティや市内事業者との連携事業等の特別記念事業を実施するほか、冠記念事業として様々な催しを予定しております。
記念事業を通して、これまでの筑紫野市のあゆみを振り返り、祝い、これからの筑紫野市の未来をともに考える、そのような機会となれば幸いでございます。
結びに、市民の皆様の今後ますますのご健勝を祈念いたしますとともに、市制施行50周年の節目の年が、市民の皆様と本市にとって、素晴らしい1年になることを祈念いたしまして、ご挨拶とさせていただきます。

筑紫野市長 藤田 陽三